ミノキシジルタブレットはロニテンのジェネリック薬です。

元祖ミノキシジルタブレット・ロニテン

ロニテンは、発毛に大きな効果をもたらす内服型ミノキシジルの、元祖となっている先発医薬品です。小さく丸い錠剤タイプの薬剤で、アメリカのファイザー社という製薬会社が製造と販売を行っています。

もともとは、有効成分のミノキシジルが成分毛細血管を拡張させて、血圧を下げる効果のある、高血圧患者用治療薬でした。

しかし、血管を広げることにより血行が促進されて、結果的に育毛と発毛をも促してくれることが判明し、今では育毛剤としても利用されるようになったのです。

ロニテンについて

ロニテンは、小さく丸い錠剤タイプの薬剤です。

毛細血管を拡張させて、血圧を下げる効果のある、経口薬となります。

もともとは、高血圧患者の治療のために使用されていました。血管を拡張してくれる、血圧降下剤として処方されてきた、経口医薬品だったのです。

しかし、使用している男性患者に、脱毛症が改善される副作用が確認されてきたため、今では育毛剤として、利用されるようになったのです。

販売会社

ロニテンは、アメリカのファイザー社という製薬会社が製造と販売を行っている、ミノキシジルの成分を含んだ、経口タイプの育毛剤となっています。

このファイザー(Pfizer Inc.)という会社は、アメリカ合衆国のニューヨーク州に本社を置いており、2013年には、世界の医薬品売上高で、一位となっています。マンハッタンのグランド・セントラル駅から近い、ミッドタウンの東部に、本社ビルを所有している会社です。

有効成分

ロニテン(Loniten)は、ミノキシジルを有効成分としている、内服薬です。

ほかのミノキシジル系の育毛剤といっしょで、ミノキシジルがもつ血管拡張作用を利用して、血管を広げることにより血行が促進されて、育毛と発毛を促してくれます。

このミノキシジルは体の筋肉をゆるませる効果があるため、毛細血管が広くなって、髪に充分な栄養が行きわたることになるのです。

ミノキシジルタブレットについて

ミノキシジルタブレットは、少し大きめの、丸い錠剤タイプの薬剤です。ミノキシジルを有効成分としている、内服薬となっています。

通常は、頭皮に塗るタイプの薬剤が多いなか、内服することで、体内に、その成分を直接吸収することができるミノキシジルタブレットは、ほかの育毛剤とくらべると、圧倒的に強い育毛効果が発揮されやすいと、考えることができます。

販売会社

ミノキシジルという成分を含有している内服薬タイプの薬剤は、外用薬と区別するため、「ミノキシジルタブレット」と、呼称されています(稀に省略して、「ミノタブ」と、呼ばれていることも、あるみたいです)

そのため、「ミノキシジルタブレット」という呼称は、いわゆる固有の商品名ではありません。販売している会社も多く、ロイド社、サイノファーマシューティカルズ社、ロイドラボラトリーズ社など、複数の会社が取り扱っています。

有効成分

ミノキシジルタブレットの含有成分は、「ミノキシジル」です。

これは主に、血行の流れを良くすることで、毛細血管から毛乳頭にかけて栄養を与えてくれる役割を果たし、発毛を促すという効果があります。そのため、ミノキシジルというのは、女性の方でも服用が可能となっています。

また、ミノキシジル外用剤のロゲインといったものとは違って、直接体内に吸収されることから、発毛や育毛で、より高い効果を発揮するのです。

ロニテンもミノキシジルタブレットも効果は変わらない

「ロニテン」という商品は、アメリカの製薬会社であるファイザー社が製造している薬剤ですが、これは、「ミノキシジル」といったものが有効成分になっている内服薬であり、血管を拡張させる作用によって血流を促進し、頭皮に充分な栄養を送り込んでくれる育毛剤として、人気があります。

ロニテンは先発医薬品なのですが、現在においてはいろいろなロニテンのジェネリック医薬品が製造・販売されているため、ロニテンよりも安い価格で入手できるようになっています。

こういった、ミノキシジル含有の内服薬育毛剤のジェネリック医薬品を総称して「ミノキシジルタブレット」と言うことが多く、商品名としては、「USPミノキシジルタブレット」や「ロニタブ」や「ノキシジル」、といった商品などが販売されている状態です。

この「ジェネリック医薬品」は、「成分や効果、安全性などが先発薬と同等のもの」と認められている薬剤であるうえ、値段が安く済むというのですから、かなりオトクだと言えるでしょう。